ブログネタ
ディズニーランド・リゾート・パリ(DLRP・パリ) に参加中!
【DLRP / 第5日目 / パリ時間12月23日】

《07:00》起床です。
きょうは、18日にパリで合流した3人目の友人が先に日本に帰る日です。P1120147
P1120150なので、残った私たち二人はホテル替えです。

11時にはチェックアウトをして、新たなホテルに移動して、12時にチェックインできたよ。P1120149

《13:00》お部屋も落ち着いたので、スーパー「カルフール」に買い物に行ってきました。
ミッキーもいっぱいありました。

P1120152P1120153

のんびり買い出しもできたのですが、それでも時間が早かったので、二人でパークに行くことにしました。P1120162

《16:00》パークに向かいます。
おみやげの買い物をして、18時半からのクリスマスツリー点灯式を見て、19時からのキャッスルショーと夜のパレード「ファンテリュージョン」まで見てからホテルに戻ることにします。

きょうは終電(18:50)には間に合うように帰ろうね、という話だったんだけど、友人があまりパークには来ていなく、いろいろ見たいということで、遅くまでいることになったんだよね。
もちろん、電車は運休なので帰りはタクシーと思っていたんだけど、きょうは友人が一緒なので、バスで帰ろうということに。

しかし〜
ここで、またまた事件です。
出発ギリギリでキップを買うのにモタモタしていたら、係の人が、きっぷはいいから早く乗れというので慌てて乗ったよ。

なんと、途中でキセルの一斉摘発の検問があって、きっぷを持っていない二人は係の人に拘束されちゃったよ。

きっぷを持っていないなら40ユーロ以上の罰金を払えと言われたが、係の人に言われ乗ったのになんで罰金の?
と弁解をしたけど、言った係の人は知らないとか言ってるし〜
友人が罰金を払うお金がないなどとと突っぱねると、半額でいいから払えとか言ってやり取りしているうちに、警察を呼ばれこの場で罰金を払わなければ逮捕だと言って、私は手錠をかけられ警察車両に押し込められる。

ここで逮捕されたら、マジで日本に帰れないという恐怖から罰金を払うことにして、逮捕・拘束は免れたよ。

この間、けっこう電車やバスに乗ったけど、券売機が壊れていて切符を買わないで乗車することもあったし、周りは相当キセルをしているようで、こんなので大丈夫なのかね、なんて話をしていたのに、自分たちが逮捕されるハメになるなんて思いもよらなかったよ。

でも、あの時検問があることは係に人は知っていたのかも、だとすると、私たちはハメられちゃったの?

だいたい、罰金を半額にして払えとか言うこと自体おかしいよね〜

なんか、パリというかフランスは大嫌いになったよ。

まあ、きょうは二人だったし前回の迷子事件よりはマシだったよ。